ページの先頭です

交通災害共済への加入について

[2019年3月6日]

ID:1227

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

まさか!のときの安心と安全のために「交通災害共済」に加入しましょう

 交通災害共済とは、交通事故による被害者救済のため、掛金を納めた方が交通事故にあい負傷されたときに、納められた掛金の中からお見舞金を差し上げる長野県東北信22市町村で構成される東北信市町村交通災害共済事務組合が運営する助け合いの制度です。

※加入は任意となります。

加入概要

加入できる方

 立科町に居住している方。ただし、立科町に居住する方の被扶養者で大学生などで就学のため町外に住んでいる方も加入できます。

対象期間

4月1日から翌年3月31日まで(中途加入者は会費を納入した翌日からその年度の3月31日まで)

会費

1人年額400円
 次の方は会費を町で負担します (個別に申し込みする必要はありません)

18歳以下の方

身体障害者(1級および2級)

療育手帳所持者

精神障害者保健福祉手帳所持者

対象となる事故

 共済期間中に日本国内の道路上において運行中の自動車・バイク・ガーデントラクター・自転車・車いす・小児用三輪車・電動カート・電車等に乗っていて、衝突、転落、転倒等による事故、歩行中にこれらの車によって事故にあったときは、事故の内容によってお見舞金が支払われます。

 

※運行中とは車両が動いている状態のことをいいます。

見舞金額

共済見舞金の金額
 交通災害区分 見舞金額
 死亡の場合 1,600,000円
 入院1日あたり 2,000円
 通院1日あたり 1,000円
 基礎見舞金 20,000円
 障害者(1~2級)となられたとき上記のほかに1,000,000円 
 障害者(3級)となられたとき上記のほかに 600,000円
 障害者(4級)となられたとき上記のほかに 250,000円

(注)

(1)入院・通院・基礎見舞金については、2日以上の入通院が支払対象となります。(1日だけの通院は支払われません)

(2)基礎見舞金20,000円に入・通院の金額が加算されます。

(3)傷害の支給限度額は400,000円です。

軽車両(自転車・小児用三輪車のみ)の自損事故(自動車安全運転センター発行の交通事故証明書のないもの)の障害見舞金は80,000円 を限度とし、死亡にあっては800,000円を限度額とします。

(4)同じ日に2回以上の診療があっても1回とみなします。


○東北信市町村交通災害共済事務組合事務局

〒380-0871 長野市西長野加茂北143番地8 長野県自治会館3階

電話:026-234-8018

お問い合わせ

立科町役場総務課庶務係

電話: 0267-56-2311

ファクス: 0267-56-2310

電話番号のかけ間違いにご注意ください!


交通災害共済への加入についてへの別ルート