ページの先頭です
FAQ(よくある質問)

住宅を新築したときに門・塀・庭木などの外構工事によって、評価額が上がるのか?また、タンスやソファで評価額が上がったりするのか

[2016年3月8日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

住宅を新築したときに門・塀・庭木などの外構工事によって、評価額が上がるのですか?また、タンスやソファで評価額が上がったりするのですか?

回答

家屋として固定資産税の対象となるものは、「屋根および周壁またはこれに類するものを有し、土地に定着した建造物である」とされています。
簡易な車庫であっても前記の要件を満たすものは固定資産税の対象になります。カーポートなど周壁の無いものは課税対象になりません。
また、家屋と一体化したクローゼット等は家屋の一部として評価の対象となりますが、置いているだけのタンスやソファーは家屋の一部とは認められないので、評価の対象とはなりません。

お問い合わせ

立科町役場総務課税務係

電話: 0267-88-8402

ファックス: 0267-56-2310

電話番号のかけ間違いにご注意ください!


住宅を新築したときに門・塀・庭木などの外構工事によって、評価額が上がるのか?また、タンスやソファで評価額が上がったりするのかへの別ルート