○立科町下水道排水設備低地汚水ポンプ設置規程

平成10年4月1日

告示第10号

(趣旨)

第1条 この規程は、特定環境保全公共下水道事業、農業集落排水事業認可区域内(以下「区域内」という)において、低地のため自然流下により汚水を排除することが不可能な家屋等について、低地汚水ポンプを設置することについて、必要な事項を定めるものとする。

(用語の定義)

第2条 この規程において「下水道」とは、特定環境保全公共下水道事業、農業集落排水事業、コミニティプラント整備事業で整備した地区をいう。

(1) 低地汚水ポンプ

排水設備の汚水を排除するための公共マスで、附属施設としてポンプ槽、ポンプ制御盤及びこれに附属する各種装置が施設されたものをいう。

(設置家屋)

第3条 低地汚水ポンプは次に該当する家屋に設置できる。

(1) 低地汚水ポンプを設置できる用地が確保できること。

(2) 区域内に供用開始可能日以前に建築されていること。

(3) 継続して居住していること。

(4) 汚水を自然流下により排除できないこと。

(5) 受益者分担金が適正に納入されていること。

(6) (2)及び(3)に該当しないときは、低地汚水ポンプから中間マス(官民境)の間の費用は、新規加入者下水道公共マス設置規程の公共マスの設置費用と同様とする。

(設置及び費用負担)

第4条 低地汚水ポンプの設置及び費用負担は、次に定めるところによる。

(1) 設置位置については、家屋等の立地状況が異なることから、通常の「官民界より1m以内」の基準は適用せず、その土地の状況により決定する。

(2) 配管工事(圧送管)及び低地汚水ポンプは町が設置し、その費用を負担する。

(維持管理)

第5条 低地汚水ポンプの維持管理は、次に定めるところによる。

(1) 低地汚水ポンプ及び圧送管の維持管理は町で行う。

(2) 低地汚水ポンプの維持管理費は町が負担する。

(3) 使用者は適正な使用をし、日常の清掃等を行うものとする。

(補則)

第6条 この規程に定めるもののほか必要な事項は別に定める。

附 則

この規程は、平成10年4月1日から施行する。

附 則(平成25年8月1日告示第27号)

この告示は、公布の日から施行し、平成25年4月1日から適用する。

(設置例)

画像

立科町下水道排水設備低地汚水ポンプ設置規程

平成10年4月1日 告示第10号

(平成25年8月1日施行)

体系情報
第12編 設/第4章 下水道
沿革情報
平成10年4月1日 告示第10号
平成25年8月1日 告示第27号